胡蝶蘭を贈る注意点


胡蝶蘭を贈る時にはいくつか注意しておかなくてはいけない注意点があります。そのひとつとして、シーンに合わせて胡蝶蘭の色を選ぶという事です。例えば開店祝いなどのシーンにおいて赤は火事や赤字といったマイナスイメージを連想させてしまうため、赤系統の色の胡蝶蘭を贈ると失礼となってしまう場合があります。胡蝶蘭はピンクや紫、白などさまざまな色がありますので、贈るシーンに合わせて失礼とされるような色を選んでしまわないように気を付けましょう。

また胡蝶蘭と一緒に贈る立札についても気を付けておかなければいかに注意点があり、例えば倒れるや負ける、破れるなどのネガティブな言葉はお祝いの言葉の中に含まないようにしましょう。基本的に胡蝶蘭はお祝い事の贈り物として選ばれる花ですから、そのお祝いのイメージにそぐわないネガティブな言葉には気を付けなくてはいけません。こういったネガティブな言葉は文脈に関わらず使った時点で失礼となりますから、胡蝶蘭と一緒に贈る立札の文面を考える時には気を付けておきましょう。

もうひとつ立札で注意したいのが、相手の名前や社名を間違えない事です。これは社会人としては当たり前の事ですので、確認を怠らないようにしましょう。心配な方は、立て札の書き方を相談したり、メッセージカードの記入例が掲載されている胡蝶蘭専門の通販サイトなどを参考にしてみるのも良いかもしれません。専門店であれば、ほぼ間違いはないはずですし、確実に届けてもらえるので安心です。

参考|胡蝶蘭専門店〔ORCHID STYLE〕