立札の有無について


胡蝶蘭を贈り物として贈る際に、それが開店祝いや移転祝いなどのビジネスシーンである場合、木札と一緒に贈るのが一般的とされています。この木札には送り主の名前とお祝いの言葉を書いておく事が一般的とされ、贈るシーンによって書き方などが違ってきます。ビジネスシーンにおいては胡蝶蘭だけを贈ってしまっては失礼となってしまうため、きちんと木札と胡蝶蘭を一緒に送るようにしましょう。

木札の書き方は、贈るシーンに合わせたものにしなくてはいけませんが、書き方がわからないという人も多く、そういった場合にはインターネットで書き方を調べると良いでしょう。インターネットでは木札の書き方をシーンごとに分けて載せているサイトも多くありますので、自分がどういったシーンで胡蝶蘭と木札を贈るのかに合わせて、そのシーンに適した書き方を見つける事ができます。ただ当然ですが友人や恋人など、プライベートな付き合いの相手に対してのプレゼントとして胡蝶蘭を贈る時には木札は必要なく、代わりにメッセージカードなどを付けるようにすると喜ばれます。

プライベートな場面は別として、ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る場合は、立札と一緒に贈る事が一般的とされておりシーンに合わせた書き方も知っておかなくてはいけません。会社名や送り主の名前、お祝いの言葉などの書き方がわからない時はネットで検索してシーンに合わせた書き方を調べ、その上で贈らないとお祝いのつもりが相手に失礼となってしまう危険もあります。