胡蝶蘭を贈る注意点


胡蝶蘭を贈る時にはいくつか注意しておかなくてはいけない注意点があります。そのひとつとして、シーンに合わせて胡蝶蘭の色を選ぶという事です。例えば開店祝いなどのシーンにおいて赤は火事や赤字といったマイナスイメージを連想させてしまうため、赤系統の色の胡蝶蘭を贈ると失礼となってしまう場合があります。胡蝶蘭はピンクや紫、白などさまざまな色がありますので、贈るシーンに合わせて失礼とされるような色を選んでしまわないように気を付けましょう。

また胡蝶蘭と一緒に贈る立札についても気を付けておかなければいかに注意点があり、例えば倒れるや負ける、破れるなどのネガティブな言葉はお祝いの言葉の中に含まないようにしましょう。基本的に胡蝶蘭はお祝い事の贈り物として選ばれる花ですから、そのお祝いのイメージにそぐわないネガティブな言葉には気を付けなくてはいけません。こういったネガティブな言葉は文脈に関わらず使った時点で失礼となりますから、胡蝶蘭と一緒に贈る立札の文面を考える時には気を付けておきましょう。

もうひとつ立札で注意したいのが、相手の名前や社名を間違えない事です。これは社会人としては当たり前の事ですので、確認を怠らないようにしましょう。心配な方は、立て札の書き方を相談したり、メッセージカードの記入例が掲載されている胡蝶蘭専門の通販サイトなどを参考にしてみるのも良いかもしれません。専門店であれば、ほぼ間違いはないはずですし、確実に届けてもらえるので安心です。

参考|胡蝶蘭専門店〔ORCHID STYLE〕

 

立札の有無について


胡蝶蘭を贈り物として贈る際に、それが開店祝いや移転祝いなどのビジネスシーンである場合、木札と一緒に贈るのが一般的とされています。この木札には送り主の名前とお祝いの言葉を書いておく事が一般的とされ、贈るシーンによって書き方などが違ってきます。ビジネスシーンにおいては胡蝶蘭だけを贈ってしまっては失礼となってしまうため、きちんと木札と胡蝶蘭を一緒に送るようにしましょう。

木札の書き方は、贈るシーンに合わせたものにしなくてはいけませんが、書き方がわからないという人も多く、そういった場合にはインターネットで書き方を調べると良いでしょう。インターネットでは木札の書き方をシーンごとに分けて載せているサイトも多くありますので、自分がどういったシーンで胡蝶蘭と木札を贈るのかに合わせて、そのシーンに適した書き方を見つける事ができます。ただ当然ですが友人や恋人など、プライベートな付き合いの相手に対してのプレゼントとして胡蝶蘭を贈る時には木札は必要なく、代わりにメッセージカードなどを付けるようにすると喜ばれます。

プライベートな場面は別として、ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る場合は、立札と一緒に贈る事が一般的とされておりシーンに合わせた書き方も知っておかなくてはいけません。会社名や送り主の名前、お祝いの言葉などの書き方がわからない時はネットで検索してシーンに合わせた書き方を調べ、その上で贈らないとお祝いのつもりが相手に失礼となってしまう危険もあります。

胡蝶蘭が喜ばれる理由


胡蝶蘭が贈り物として喜ばれる理由としては、その見た目の豪華さはもちろんの事、純粋な愛や幸せが飛んでくるといった明るい印象を与えてくれる花言葉もその理由とされています。お祝い事の贈り物として花を贈る場合、やはり見た目が地味であったり悪い意味の花言葉あっては失礼となってしまいますから、胡蝶蘭はその見た目と花言葉の両方が祝い事の贈り物として適している花なのです。

また、胡蝶蘭はさまざまな祝い事のシーンに対応しているという点も贈り物として選ばれやすい理由です。まず友人や恋人への贈り物や、引っ越し祝いや新築祝い、記念日、開店・移転祝いなどさまざまな場面で胡蝶蘭は喜ばれるため、多くのシーンにおいて贈りやすい花となっています。贈り物が必要となるシーンは多いですから、さまざまなシーンに適している胡蝶蘭は選ぶ側としても重宝する華ですし、色も白やピンク、紫と派手すぎない色合いが多くなっているため贈りやすいというのも魅力のひとつです。

そして胡蝶蘭は日本各地で一年を通して生産されている花ですから、手に入りやすいというのも魅力となっています。贈り物として花を選ぶ際に、気に入った花だとしても生産しておらず手に入れられなくては意味がありませんから、一年を通して手に入れやすい胡蝶蘭は贈り物にピッタリの花です。花屋さんだけでなくネット通販で購入する事もできるので、贈り物に困った時には胡蝶蘭を選んでみてはどうでしょうか。

胡蝶蘭を贈り物にする


胡蝶蘭はその見た目の豪華さから、お祝い事などの贈り物としてよく用いられています。しかしただ送ればよいという訳ではなく、送る際にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。このポイントを知らないままでは、胡蝶蘭を贈り物とした際に思わぬトラブルの原因となってしまいます。ですから胡蝶蘭の選び方やお祝い事の贈り物とする際に一緒に送る札をどうすると良いのか、そういったポイントを知っておくと失礼のない贈り物として、胡蝶蘭を祝いたい相手に送る事が可能となります。

お祝い事の贈り物として胡蝶蘭を贈る場合、立札も併せて送るようにするとより相手に喜ばれます。しかしこの立札にはきちんとした書き方があり、この書き方を知らないと送った相手に失礼な物となってしまうでしょう。お祝いごとといってもさまざまな場面がありますから、それぞれの場面に合わせた立札の書き方を知っておき、お祝いしたい場面に合わせた書き方をできるようにしておきましょう。また胡蝶蘭を贈る時に立札を合わせて送る事ができるサービスもありますから、こういったサービスを行ってくれる店舗を探してみるのも便利です。

胡蝶蘭は贈り物として喜ばれる花ですが、胡蝶蘭が喜ばれる理由や金額相場、選ぶ時のポイント、そして立札についての知識なども知っておくとより喜ばれる贈り物にする事ができます。せっかく贈り物として送る以上、なるべく相手にとって喜ばれるような物にしたいですから、送りたいシーンに合わせて金額相場を考えてみたり、立札をきちんと書く事でより贈り物に相応しい胡蝶蘭を選べるようにしてみてはどうでしょうか。